ボールペンのインクを使い切りたい

文房具や化粧品などを使い切ることに、快感とか達成感を感じます。
初めてボールペンのインクをきれいに使い切ったとき、やったあ!って思いました。
しょっちゅうボールペンを使う人には珍しくもないことなのかもしれませんが、私の場合、なかなか使い切れないんです。

たいていのボールペンは途中で書けなくなってしまいます。
貧乏性なので、書けなくなっても、振る、手で温める、先端を火であぶるなどの技を駆使してなんとか使い切ろうとします。
でもそうしても、もう中のインクが半分乾いてしまっているのか、すぐにかすれて書き心地も良くなくなってたりして、使ってもストレスがたまる状態に。

だましだまし使ってるけど、こういうの大抵はやっぱり途中で書けなくなっちゃうんですよね。
早めに捨てて、書き心地が良い物を集中して使って書ける内に使い切るのが理想だとはわかってるんですが。
なんかどのボールペンも中途半端になってしまうことが多いです。